女の人

レーザー治療で傷跡を除去|跡が残らないキレイなボディ

傷ついた肌に残った跡

肌の手入れ

何らかのアクシデントによりできてしまった、どうしても消してしまいたいお肌の傷跡にはレーザー治療が効果的です。普通の皮膚科ではなく、美容系の皮膚科を訪れれば、技術に長けた専門医が傷跡をレーザーでしっかりと治療してくれます。

View Detail

体も心も癒すため

顔

肉芽による盛り上がり

怪我とは、体が部分的に切れたり欠損したりすることです。怪我をすると体は、欠損した部分を補うために、肉芽という組織を作り出します。この肉芽が作られすぎることで、傷跡は硬く盛り上がったような状態になるのです。せっかく怪我が治っても、目立つ傷跡が残ったのでは、完治とは言えません。傷跡が残ることで、むしろ心に新たな傷がついてしまうこともあります。しかし肉芽による傷跡は、美容外科でのレーザー治療によって簡単に除去することができます。レーザー治療といっても、この場合は熱で焼くのではなく、ガスで削り取るという方法でおこなわれます。薄く削り取っていくので、火傷の跡が残ることはなく、それでいて肉芽による盛り上がりはなくなります。それと同時に心の傷も癒えることになるので、傷跡のレーザー治療は注目されています。

自らつけた傷も消せます

怪我の原因は、不注意な行動や事故だけではありません。アトピー性皮膚炎などの人は、痒さから肌を掻くことで、自ら傷をつけてしまいます。また、人間関係などに思い悩み、リストカットをする人もいます。そしてその傷が深かった場合には、仮に肌の痒みがおさまったとしても、悩みが解消されたとしても、傷跡が残ってしまいます。昨今では、このような自らつけた傷跡に悩む人が増えてきています。そのため、レーザー治療を受ける人もまた、増えてきているのです。苦しみによってつけた傷だからこそ、心の中でその苦しみをよみがえらせないために、レーザー治療で傷跡をしっかりと消すことは必要とされています。技術の向上により、精度の高い照射が可能になってきていることからも、レーザー治療の注目度はますます高まると予想されています。

様々な方法があります

顔の手入れ

目立つところに出来た傷跡は、レーザー治療を受けることにより、目立たなくさせることが可能です。治療効果や適している治療法については、個人差があるため、施術前にしっかりとカウンセリングで確認するようにしましょう。

View Detail

隠さずに済む自信へ

しみ

過去の傷跡が目立ってしまうことで、気にしている人は意外と多いです。色やその凹凸が肌に残るので、服で隠してしまう人も少なくありません。しかし、このような傷跡はレーザー治療でできるだけ目立たなくしていくことができるため、心理的な自信にもいい影響となってきます。

View Detail