レディー

レーザー治療で傷跡を除去|跡が残らないキレイなボディ

隠さずに済む自信へ

しみ

目立たせない効果

手術によって残る傷跡は、見た目が目立ってしまうことも少なくありません。これがコンプレックスになってしまうこともあるので、仕方ないことで諦められない場合もあるのです。しかし、そんな悩みに対して、傷跡をレーザー治療で目立たなくしていくことができます。このような方法は一部の美容外科で行われ、レーザー治療によりできるだけ目立たせない状態に近づけることが可能です。例えば傷跡が濃い色をしている場合は、レーザー治療の働きでメラニン色素を抑えていきます。そして、皮膚に凹凸が目立つ場合は、皮膚の再生能力を促すことでなるべく平らにさせることができるのです。傷跡が人の目につきやすい部分にあれば、なおさら気にしてしまうのも無理はありません。レーザー治療の優れた効果で、きれいな肌を取り戻していけるところが大きなメリットです。

美容面でのレーザーの働き

事故や病気で手術を必要とした場合、その範囲や損傷具合によっても傷跡の状態が大きく変わってきます。基本的に手術で皮膚を切開した場合、縫合してもその腫れがしばらく続きます。腫れは赤みを帯びたり、凹凸が出てきてしまうこともあります。時間が経てば目立たなくなってくるようになりますが、年齢によってもその時間に差が出てきてしまいます。一般的な医療では悪い状態を良くしていくだけなので、傷跡の見た目までには手が行き届かないことも多いです。しかし、美しさを求める美容外科ではその技術に優れているため、傷跡をきれいにさせていくことができるのです。レーザー治療は美容面でも肌の再生能力の促進や、美白に近づける効果を持ちます。これを活かした働きが傷跡に効果を発揮していけるので、レーザー治療に頼ってみることで気持ち的にも自信につながっていけるでしょう。